ボクシングを学ぶメリット

ボクシングを学ぶメリット

ボクシングを学ぶメリット ボクシングの始まりは古代エジプトで行われていたと言う記録が残っています。ボクシングが古代オリンピックで採用されるようになったのは、紀元前688年の第23回大会からです。初期の頃のボクシングは、階級ルールがなく、試合の制限時間もなく、待ったをするまで殴り合うという原始的な格闘技だったようです。19世紀になると、グローブを着用することや階級ルールなどが定められるようになり、現在のボクシングルールに近づいていきました。日本においてのボクシングは1921年から始まったと言われています。日本人で初めて世界チャンピオンになったのは、1952年に世界タイトルマッチに勝利したフライ級の白井義男です。

2014年、日本のジムに所属する世界チャンピオンの数は6人おり、ボクシングの試合をテレビで見る機会が増えたり、ボクシングの話題を聞く機会も増えてきています。ボクシングジムでボクシングを習うと、ミット打ち、サンドバック打ち、スパーリングなどを経験することができます。ボクシングジムでは、チャンピオンを目指す人もいれば、健康維持が目的の人もいるなど様々なタイプの人がいます。女性の間では、ダイエット・ストレス発散などの目的でボクシングを習う人も増えています。現在ではボクシングを学ぶことで護身術としても使えるメリットがあると言えるでしょう。

Copyright (C)2014ボクシングを学ぶメリット.All rights reserved.